鳥の巣釣り場通信(2020-06)

=彼岸過ぎたら空気が変わる・・?=

  みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

世間の喧騒に係わりなく、鳥の巣半島では田植えに向かって農作業のピッチが上がってきました。先日、釣り場の裏山から鶯の初音も聴こえました。これまでと変わらない風景です。

釣り場水温は15℃に手をかけつつ上下変動を繰り返しています。ほぼ昨年、一昨年前並みで、この先は一気に上昇に転じると予測されます。3月前半のチヌ類は0.7尾(一人当たり)で、この時期としては別格の数字。手練れの(アングラーネーム)Tさんが25~50㎝の各サイズを取り揃えて毎回5~7尾とハイレベルの好調を維持しており、またHさんOさんも複数尾の釣果を上げています。さらにanother Oさんは餌のオキアミをカラスに分け与えた善行(?)が功を奏して(?)さりげなく45㎝級を取り込む、といった一連の成果に好漁の一端が顕れています。従前に比べて直近2年はチヌシーズンの幕開きが幾らか早まっている印象を受けます。

この他、先行きは不透明ながらセイゴもそこそこ揚がっています。一方、アジ類は群れがぐっと小さくなり、出現も気まぐれで辛抱強く粘ることが必要になっています。

今冬のマガキ販売はお蔭様で無事終了しました。生産量が最近数年の中では極端に少なかった為、注文をお断りすることが多く心苦しい限りでした。田辺湾奥の岩場に白いカキ殻の痕跡があったらそれは地元の人がカキを打った痕で、天然物の生息量は例年並みであった感触です。この辺りでは「カキシーズンはほぼ彼岸まで」と言い慣わされてきました。水温の上昇と共に産卵期に入るためで、実際、卵を持ち始めると味が落ちます。

マガキシーズンの終了

当養殖場は稚貝の自家採苗を行っておらず、紀伊半島南部の別の地域から種ガキを移入して育てています。先日、ある資料を眺めていたら、「その昔、和歌山県産のマガキが広島県の養殖ガキの品種改良に貢献した」との記述がありました。今や広島県は全国一の養殖マガキの生産県です。

当場では今後イワガキの販売に向けて準備を進める予定です。値段はマガキに比べて高めですが、大振りの身は様々な料理に使えるはずです。機会があればご賞味下さい。

 今回の新型コロナによる感染拡大はまだ予断を許さない。しかし、人類(だけでもないが)は太古の昔からウイルスと闘い、折り合いをつけながら命を繋いできた。こうした視点から、生物学者の福岡伸一はヒステリックな狂騒を幾分冷ややかに眺めている。有体に言って、想定外の危難に対して既往のマニュアルは通用しない。格言に、「世の中には箸にも棒にもかからないバカと人類の栄光を支えるバカがいる」がある。社会には普段は目立たなくても緊急時に力を発揮する異能者が必要なのである。ダイ・ハードのマクレーン刑事や孟嘗君を救った遠視男のような・・!?

鳥の巣釣り場通信(2020-05)

=別れと出会いの季節 渦中にあっても時は流れる= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

鳥の巣釣り場通信(2020-04)

=粒あん vs 漉しあん= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥巣半島では春に向かって農作業のピッチが上がってきました。引き続き釣り場の水温は15℃を下回っていますが、そろそろ上昇に転じると見ています。2月のチヌ類は初旬に1尾(45㎝級)揚がって出足の好調を予感させたのですが、おっとどっこい、その後は姿を見せていません。アジは15~20㎝サイズの赤を主体に岸側でそこそこ~かなりの尾数が揚がっています。これを餌にスズキを4尾も釣り揚げた(幸運な)手練れもおられます。...

鳥の巣釣り場通信(2020-03)

=里山は梅花 里海はヒロメ= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 一月下旬は冬らしくない前線通過に伴う雨が続きました。北の各地は雪不足が伝えられているように、全国的に暖冬傾向です。気候フェーズの変化を疑わせます。紀南地方の里山では梅が花を咲かせ始めました。上古、春の花と言えば桜より梅であったと聴きます。私は桃に軍配を上げたいところですが、桃の華やぎより清楚な梅や桜が日本人の感性に訴えるのかもしれません。...

釣果情報(1月25日)水温13,0℃

竹 村 様 B  ヒラメ 60cm2匹・30cm1匹・ハマチ50cm1匹 アジ15~18cm200匹 深 堀 様 1番 アジ15~20cm 400匹...

鳥の巣釣り場通信(2020-02)

=ウツボ献上= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 先般、田辺湾の北部にそびえる高尾山周辺で初雪が舞うのを望見しました。本格的な寒さの到来ですが、全般的には暖冬傾向と感じています。何しろ足の指にできる霜焼は例年に比べてずっと軽めですから。スキー場も雪が降らず困窮しているとニュースが伝えています。長期予報に拠れば今後も冬型が続かず、周期的に襲来する前線の影響で雨が多いとか。何事も平年並みが安心できる昨今です。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404