鳥の巣釣り場通信(2021-01)

=未来への一歩 2021年始動=

 

みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

年末年始は北風が吹き荒れる厳しい寒さでした。強い北風は作業の妨げになる一方、目に見えない複雑な動きを紋様として海面に描き出している。興味深い光景である。ヒイラギが赤い実をつけています。これは雌雄異株で少し細い葉っぱが雌株と聴きました。小鳥は同じような実でも隣に生えたナンテンを好む印象をうけたのですが、単なる錯覚かもしれません。

透明度は年末から海の底が覗けるほど上がっています。年の暮れに湾央で見られた赤潮(ツノオビムシと夜光虫の混合)は終息した模様です。ほぼ15℃台をキープしていた水温は今回の強力な寒波によって1月8日時点で13.5℃まで下がってきました。接岸傾向にあった黒潮は離岸の兆候が窺えるとのことです(県水試担当者)。

12月のチヌ類は小型魚主体に凡そ2.1尾(一人当たり)とほぼ前月並みを維持しました。このなかには40㎝前後の良型も幾らか混じっています。アジ類は釣果が散発的で周辺からも「姿が見えない」という声が圧倒的多数です。小型のヘダイ、カサゴが少々というのが釣り場の現状、残念ながらしばらく低空飛行が続きそうです。

鳥の巣釣り場の夜明け(2021年の年頭)

ここにきてコロナ感染症が拡大傾向をみせており関東圏では緊急事態宣言が発出されました。関西圏でも検討要請がなされたと伝えられます。一部報道に拠れば、関東では検査受診数に対して陽性者数が10%を超えたとか。検査の対象範囲が不明なのでランダムサンプルより高めの数字が出ているかもしれない。とは言っても、ひと月ほど前までは(確か)1%以下であったから感染者が急拡大したということになる。その一方、従来のインフルエンザの感染が極端に低く抑えられているらしい。マスク+手洗い等の対策がインフルエンザには極めて効果的であっても新型コロナには効力を発揮していないということになる。

一度生まれたウイルスをこの世から消し去ることはできない。過去に起こったことを無かったことにできない。ドラエモンならできるかもしれないが、その結果はいつもハッピーでも楽観的でもない。しかし未来はドラエモンの力を借りなくても我々自身で変えうる余地がある。

今回の一件から学ぶことは多い。我々の未来は、コロナで何かと理不尽とも言えるほど目の敵(?)にされている若い世代に託さざるを得ないのである。地球の歴史を顧みればこうした事態も悲観ばかりではない。

ところで、ある地方でお神酒を飲ませた鯉を放して厄除けを祈願する風習があるらしい。マダイやクロダイによる“海バージョン”があっても好いのではないか。 何処でも実施されていないならどなたか鳥の巣釣り場で試して下さい。

 

鳥の巣釣り場通信(2020-23)

=2020年の瀬 過ぎ去るものは追わない=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 生垣に山茶花、路傍に水仙や、日溜まりのよい庭にアロエが咲いています。いつの間にか冬の準備が整っていたようです。水仙は極東の固有植物だと信じておりましたが、原産地は地中海らしいですね。...

鳥の巣釣り場通信(2020-22)

=住民が創る田舎の風景=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 北国から雪の便りが届いています。紀南の地においても冬の到来を報せにきたかのようにひらひらと舞う雪虫が自宅の庭で散見されました。例年なら釣り場の朝はストーブが必要なほど冷えるのですが、今年は結構我慢が利く温度です。従ってこの11月は全般的に暖かめで経過したことは間違いありません。...

鳥の巣釣り場通信(2020-21)

=老兵たちの奮闘 将来への架け橋?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 紀南地方の里山にも色づいた木々が散見されるようになりました。ニュースが採りあげるあの燃えるような紅・黄葉はありません。あくまでも控えめな紀南の秋風景です。代わって熟した実をつけたミカンの木々がアクセントを添えています。...

鳥の巣釣り場通信(2020-20)

=研究者の部屋=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 金木犀は先月下旬の大きな雨で一気に散ってしまい、里山では落葉がひっそりと進行中です。湾奥のタチウオ漁はシーズン終了となった模様です。釣り場も大陸から吹き降ろす北西の風が優勢となってきました。...

鳥の巣釣り場通信(2020-19)

=タチウオ来遊=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 コスモスが見頃を迎え、数日前から金木犀の香りが漂っています。直近の台風14号は潮岬沖遠く進んだため、この辺りは比較的軽微な影響で済みました。気象庁が2日前まで近畿~関東南岸を掠めるコース予想をした中、鳥の巣半島の漁業関係者が「大した影響はないだろう」と小船を避港すらしなかったのは“さすがの読み”でした。ここに至れば、今夏の上陸台風ゼロの可能性も現実味を帯びてきます。...

鳥の巣釣り場通信(2020-18)

=秋 稔りの季節=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 いつの間にか季節が進み、早暁の釣り場は肌寒さを覚えるほどになっています。水温は下降局面に入っており、朝夕の冷え込みが強まったことと相俟って直近は25℃付近で変動しており、これはほぼ昨年並みの水準です。湾内は秋雨前線に伴う淡水流入で周期的に濁りが観測されます。但し、継続する透明度の低さは、まだ十分強い日差しの下、湾内に補給された栄養分を利用して植物プランクトンが増える...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404