鳥の巣釣り場通信(2022-01)

=令和4年の幕開け=

 

みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

令和4年の幕開けです。今年も鳥の巣釣り場をどうぞ宜しくお願い致します。

 

冬枯れの里山を背景に釣り場の直近水温は年末に襲来した寒波以降15℃を下回ったまま経過しています。透明度は高め基調ですが、荒天の後は巻き上げで濁りが出ます。

12月のチヌ類は25㎝前後主体に4.2尾(一人あたり)で、この季節としては数が稼げました。ただし、小型魚が多いこともあってチヌが命のベテランにとっては諸手を挙げて喜ぶるレベルには無かったようです。そうした中、Aさんがこの時期にしては良型の44㎝を取り込んで気を吐いたのが我々にとっても救いでした。

アジ類は“青”の20㎝前後が主体で数匹~10数匹。釣果に日変動がありました。アジと云えば、ベテランハンターのTさんがしばらく釣り場から遠ざかっているのはやや気掛かりです。

概して12月は後半以降荒天に見舞われる日が多かったため釣りには厳しい条件となりました。新年はどういう展開になるのか期待半分、心配半分の状況です。

通路の先に新年の朝日を浴びる建設中の釣り場新事務所

この2年程は新型コロナに揺れました。社会・経済活動に大きな影響を及ぼしています。世界の津々浦々にこれ程大きな被害を及ぼすようでは生物兵器として使用するにはあまりにもリスクが大きすぎます。このため兵器のリストから外されたのではないかと疑っています。

今また新たな変異株“オミクロン“がじわじわと市中に拡がってきました。過日テレビを見ていたら専門家と云われる人が感染者数の推移を示すグラフを持ってワクチンの接種効果との関連性について解説していました。が、私には感染者数の増減とワクチン接種率の間に明瞭な関連が読み取れませんでした。むしろ関係の薄さを証ているのではなかろうかとさえ。

新たな変異株によるブレークスルー感染の増大がイスラエルを4回目の接種に駆り立てています。ワクチンは「決定的に局面を変える“ゲームチェンジャー”」と喧伝されていたはず。ワクチン接種が無意味とまでは申しませんが、「これじゃ当面、変異株が出るたびに接種しないといけないじゃないか(プンプン)」と慨嘆するのが一般庶民の感覚である。

他方、ワクチン接種率が低い南アフリカでは感染が減少局面に転じたと言われています。インドの先の感染者数の減少もワクチンの接種率とは密接な関連が見いだせないようだし・・・。今般のコロナウイルスの感染者数はかなり規則正しい周期性をもって増減しているように見受けられます。コロナウイルスの増減をコントロールする“ファクターZ”が存在しそうな気がします。さらに問えば、旧い変異株は何処へ行ってしまったのか?

感染予防の観点から見れば確かに専門家諸氏のおっしゃる通りなのでしよう。確かに接種者の重症化防止効果は高そうです。けれども我々は戦う相手のことをきちんと理解できていないのは確かなようです。今回のコロナ禍は好む好まざるに拘わらず“専門家の限界”と“政治家の力量”を炙りだす役割を果たしたと云えます。

さて令和4年、どのような年になるのでしようか?? 図らずも目が覚めた深夜のラジオからキロロの唄が耳に飛び込んできました:「足元に貴方の歩む路、その前には貴方の未来が視えるはず~」(大意)。皆さんにとって佳い年になるよう願う次第です。

鳥の巣釣り場通信(2021-22)

=マガキのシーズン到来=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 アロエが薄茶色の大振りの花をつけ、ナンテンの実が赤くあちこちで赤い実をつけています。どちらも有用な植物ですが、野山に餌が少なくなる冬の期間、小鳥もナンテンの実を食べて命を繋いでいます。 釣り場の直近水温は16℃前後で微変動しています。高温傾向が続いてきや湾内水温もほぼ平年並みになってきました。透明度は一般に高めですが荒天の後は巻き上げで濁りが出るようです。...

鳥の巣釣り場通信(2021-21)

=ボ・ぺミアン=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 いつもより暖かく感じられた11月でしたが、12月に入って強風と氷雨の先制パンチに見舞われました。このところの定期的な寒波の襲来に本格的な冬の到来かと気が引き締まります。海上作業にとって厳しい時期です。しかし収穫作業が続いているマガキには必要な寒さです。そして紀南の風味”ヒロメ”にとっても。...

鳥の巣釣り場通信(2021-20)

=除草剤は夢の薬剤か?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 下草が枯れ始めた野山は冬の容貌に替わってきました。しかし、よく観ればこの季節らしい小さな草花があちこちで命を繋いでいます。釣り場事務所の建て替え工事は潮の干満との闘いに想定以上の苦戦を強いられている様子。 釣り場の水温は20℃に近づいてきました。それでも近年の中では1℃ぐらい高めです。直近の透明度は、午前の干潮時に高め、潮が差してくる午後は下がり気味で経過しています。...

鳥の巣釣り場通信(2021-19)

=新型コロナ 沿岸環境にも悪影響??=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 空き地や路傍でひときわ高く伸びたセイタカアワダチソウが黄色い花をつけています。この外来種は今やすっかり地物に収まってしまいました。 湾内ではタチウオを狙う航海灯を点けた小舟が行き交い、明るくなる頃にシラス船曳船団が奥部に侵入してきます。漁船団の共通言語はもちろん紀州弁。県外からの来訪者は「喧嘩をしているのかと思った・・」と驚いていました。...

鳥の巣釣り場通信(2021-18)

=海の男に栄光(&優しさ)”あれ!=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 トビが青く抜けた高い空に弧を描き舞っています。地上に目をやればコスモス。盛りを過ぎたとはいえ朝日を受けて花弁が輝く様は神々しくさえあります。実りの秋ですが、どうも様子が違う今年の秋。柿が稔らず、金木犀は沈黙を守ったまま冬を迎えそうな気配がしています。...

鳥の巣釣り場通信(2021-17)

=四股名ときらきらネーム=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404