鳥の巣釣り場通信(2024‐03)

 

==時間が留まる (カラスの)愛は止まらない?==

 

みなさん、こんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご愛顧いただき誠に有難うございます。

紀南地方の梅林は花の盛りを過ぎつつあります。王朝時代に花見と云えばもっぱら梅だったようです。「時期的には少し寒いのでないか」とも邪推しますが、モノクロームの冬景色から抜け出て春の訪れを告げる梅花に心の華やぎを覚えたのでしよう。

釣り場事務所に現れたOB氏が「ヒロメ(=ヒロハメ)が販売されていた」と教えてくれました。ゆらゆらと海面に浮かぶヒロメ漁の小舟は地元民に春を告げる風物詩です。春の訪れは目 > 音 > 肌の順番で感じるそうですが、ウグイスの鳴き声も頻繁に聴こえるようになりました。

釣り場の水温は15℃のレベルで微変動しています。海は冬らしい碧色を呈し、透明度はやや良~良という状態です。

2月前半のチヌ類は荒れ気味の天候のせいもあってか0.5匹(1人当たり)となりました。「作業筏の下で良型のチヌやスズキが群泳している」との目撃情報が多数寄せられているものの、これらが釣果に繋がっていません。残念ながら観賞するだけの高嶺の花のようです。

アジ類は湾内を回遊している青アジの群れがくれば一時的に釣果が見込める状況が続いています。アジを泳がせ密かにヒラメを狙っているYさんが先日今冬三尾目となる60㎝超を揚げました。

 

 雨の日のランデブー??

 

釣り場を縄張りにしているカラスが二羽、氷雨の中を釣り場のテント屋根で羽繕いしていました。彼らは意外と天然シャワーが好きなようで、雨降りにはこうした光景をしばしば見せてくれます。

常に2羽が連れ立って行動している様子。この2羽は人との距離が近く、網揚げの時間帯などは2mぐらいまで近寄ってきます。普段は身体を振り振り2足歩行ですが、急ぎの際は身体を斜めにスキップしながら移動します。

カラスの寿命は野生下で10~15年、飼育下で20~30年ということです(AI情報)。先の二羽は”つがい”と睨んでいるのですが、そうであれば“タンチョウツル”のように一生に亘って添い遂げるというこうとでしようか?

この問に対してAI氏から「そのようです」と返答がありました。となれば、この職場に来てからずっと同じ番を見続けている可能性が高そうです。カラスは当方の顔を識別しているだろうけど、こちらは生憎と個体識別ができないのが残念。

もっとも相手を取っ換え引っ替えしている・・・そういう浮気なカラスが居ても不思議でないのが生き物の世界。そういえばある鳥の卵を遺伝子検査したら乱婚状態だった、という研究結果があったような気がする。ハチの世界でも似たような事例が識られています。

「恋が走り出すと止まらない(by福山雅治)」といった一途なのもあるけれど、「男も色々女も色々、だから急停止や脱輪、後戻りに行先変更などなど一筋縄ではいかないことも多いのだよ、福山君!」(既に君もわかっているだろうけれど)、というのが小父さん達の経験智なんだな。

正月の日本を揺るがした能登の大震災から一月半。「あの日から時間が留まったまま」という被災者もまだまだ大勢います。当日の出来事が頭の中でぐるぐる回っているのではないかと推察されます。団塊世代に懐かしい由紀さおり女史は「・・時計が留まるの・・」で一世を風靡しました。とは言っても物理時間は順調にな経過を辿ったらしく、「良いことも悪いことも様々あったねえ」と云いながら彼も彼女も良い具合に齢を重ねています。

氷河がゆっくり動いているように被災者の凍った心も少しづつ解けていることを願う次第です(外野がとやかく言う問題でないけれど I wish their frozen hearts would thaw in the near future)。

鳥の巣釣り場通信(2024‐02)

==梅香る季節へ==   みなさん、こんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご愛顧いただき誠に有難うございます。 先日の強い寒波の襲来で紀南地方も凍れました。それでも季節は動いており里の梅が咲き揃いつつあります。概して今年は暖かいというのが一般の受け留めのようです。地元の梅関係者が「梅の花が早い年は不作」と話しておりましたが、さてさてどういう結果になるか・・・。...

鳥の巣釣り場通信2024-1

==2024年 激動?の幕が開く==   平素は鳥の巣釣り場をご愛顧いただき誠に有難うございます。 鳥の巣半島に散在する水仙の群落は開花が進んでいます。そしてアロエも。これらは花も大ぶりで目立つ存在ですが、目を凝らせばあちこちに小さな花を付けた名を識らない野草の存在に気づかされます。そしてあちこちで梅が花が開かせつつあります 釣り場の水温は概ね15℃をベースに変動しています。体感温度は昨年より暖かい印象を受けていますが、水温はやや低めで推移しています。...

鳥の巣釣り場通信(2023-24)

=釣り場の記憶2023=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島に点在する水仙の小群落に花を付けた株が出始めています。寒椿や山茶花にはいま少し間があるようです。 釣り場の水温は12月に入って16~18℃の間で動いていたところ、先般の寒気襲来で14℃台まで下降、その後わずかに持ち直して(?)直近は概ね15℃を前後しています。...

鳥の巣釣り場通信(2023-23)

=音の記憶=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島のあちこちに散在する小さな水仙群落に花を付けた株が出始めています。寒椿や山茶花の開花はもう少し先のようです。 釣り場(=養殖場)で行われているマガキ養殖の関連作業は稚貝の垂下へと遷っています。作業筏の下には「こんな大物が何処に隠れていたのか?」と思わせる大型のチヌ達が群れています(写真参照)。また、紋甲イカの幼体が造る小さな群れが釣り場作業員たちのホークアイによってしばしば目撃されています。...

鳥の巣釣り場通信(2023-22)

=寒気が招いた養魚カタストロフィー=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 夜明けが遅くなっています。まだ暗い事務所に到着して空を見上げたら一筋の線。「ずいぶんきれいな飛行機雲だな、おっ2筋あるぞ!」と眺めていたら、「なんと、電線ではないか」。目の調節機能が低下したトホホな状況です。 釣り場(=養殖場)で行われているマガキ引き揚げ作業は北側(向かって左側)を終え、南側半ばに移っています。今年は荒天が多く作業の中断が多くなっており、すべての作業が終了するまでまだ10日間程は掛る見通しです。...

鳥の巣釣り場通信(2023-21)

=惜しむとも・・人も海も替わりゆく=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 つい最近まで湾内で小型船舶の操船実習が行われていました。その昔に受けた同様の講習を懐かしんでいます。「落水者発見。風下から救助に向かいます。」という具合に。私の場合、実地講習は海ではなく湖(洞爺湖)でした。陸水面は船の維持管理やスケジュールが天候に左右されにくい、といったメリットがあったものと推察します。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404