鳥の巣釣り場通信(2019-06)

=忘れ去られたカサゴ釣り?=

  みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

 紀南地方では昨年、一世紀ぶりに桜の新種“クマノサクラ(=Cerasus kumanoensis)” 発見のニュースで盛り上がりました。その学名には“熊野に産するサクラ”が含意されています。そして今春、群生地には各地から愛好家を集めたとニュースが伝えていました。近隣の山桜は例年より遅めながら開花し、ソメイヨシノも続いております。里はこの時期らしい華やぎに彩られています。桜にまつわる歌曲は数多あるように、淡い花を付けた佇まいや仕舞い方は日本人の心性を創ったとさえ言われます。いつもの年より控えめであっても山桜の開花は土地の住人に安堵をもたらしました。

 釣り場の水温はここしばらく昨年より低めの15℃前後で推移しています。変動を繰り返しつつも、そろそろ上昇傾向に転じる頃合いと見ています。チヌ類は3月を通じ40㎝越えの良型を主体に0.25尾(一人当たり)となり、昨年同月の尾数を大きく超えました。また、今年初となる50㎝台の大物がAさんによって記録され、何とその後にKさんカップルが2日連続で同型を釣り上げる快挙(?)を達成。ただし、日によって釣果に振れが認められるため、運の良し悪しもありそうです。アジは相変わらず低調で、近々に好転する気配はなさそうです。

 

 Aさんによる今年最初の大物(≧50㎝)チヌ

  釣り場で良型を含むガシラ(=カサゴ)が目に付くようになっています。子供の頃ガシラ釣りに講じたのは潮の動きが大きい今頃の季節でした。主戦場は“イソモン”採りと同じ大潮時の泥岩山脈です(釣り場通信2019-05参照)。

 我々が馴染んだ釣り方は、魚が潜んでいそうな穴に手頃な長さの竹竿に装着した短いテグス針を差し込んで釣る方法だったと想います(記憶に間違いがなければ)。イメージはアナジャコ釣りのそれに似ています。今、この辺りでそうした方法でガシラ釣りをしている子供の姿はまず見ません。もしかしたら地域文化の伝承に失敗したのかもしれませんね!?

 カサゴはたんぱくでクセのない身質が好まれ、刺し身、煮つけ、空揚げ、酒蒸し等々様々な料理に合うためか関東・関西を問わず人気のある磯魚です。地元では特別な道具もいらず手軽に入手できて味も良いことから重宝したタンパク源でしたが、近頃は全国的に高級食材と化しているとのこと。そう言えばガシラが自宅の食卓に上ることは久しくありません。

 早春の陽気の下 磯遊びに講じる人々

 カサゴの親戚筋には毒を持ったものがいるため油断できません。その昔うっかりと“ハオコゼ“に刺されて悶絶の数時間を過ごした経験があります。「しもた、やってもた!」と後悔しても後の祭り、時間は戻せません。こうした場合、お湯でたんぱく毒を洗浄するのが効果的であると言われます。この対処法はアイゴやゴンズイに刺された場合も有効なようですね。でもフグ毒は熱では解毒できないので注意してください。

 ==お知らせ==

 今冬のマガキ販売はお蔭をもって好評のうちに終了致しました。皆様の関心並びにご愛顧を深謝致します。今後はイワガキの販売を念頭に目下準備を進めております。売り出し日時等の詳細は追って地域の新聞媒体等でお知らせする予定です。

鳥の巣釣り場通信(2018-19)

=2018年の年の瀬の釣り場から=  みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

鳥の巣釣り場通信(2018-18)

=カタクチイワシ漁を遠望して=    みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。   釣り場は11月中旬から始まったマガキの収穫作業で関連業務に因る慌ただしさくなっており、もうしばらく続きそうです。水温は11月半ばより20℃を下回り、直近は17℃前後で推移しています。今冬15℃以下に下がった日はこれまで皆無でした。...

鳥の巣釣り場通信(2018-17)

=海を漂うプラスティック・ゴミ=    みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。  ヘッドライトを頼りに釣り場へと急ぐ夜明け前の道、秋冷では言い足りない寒さを感じます。早朝の水仕事は二重重ねの手袋が要る季節になってきました。先週はまだ穏やかに晴れた昼間には気温も上がり、心地よい風を受けた筏の上でウトウト舟を漕がれたお客さんも見受けられました。それでも冬への間口部が徐々に大きくなっています。...

鳥の巣釣り場通信(2018-16)

=秋の夜長の如何ですか?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。   この季節、夕方6時ともなればすっかり夜の帳が下り、釣り場の開錠に合わせるように6時直前に空が白み始めます。朝夕はそろそろ暖房が欲しくなる冷たさであっても、穏やかに晴れた紀南地方は野外活動に程よい暖かさを保っています。  立て続けの台風襲来に”営業停止 →...

鳥の巣釣り場通信(2018-15)

=サバは“ソースorショウユ”系?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404