鳥の巣釣り場通信(2021-12)

=霧の中の風景=

みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

田辺湾奥ではハマボウの群落が花の盛りを迎えています。鮮やかな黄色をした大振りの花ですが、落花が近づくと僅かにピンク色を帯びてきます。かつてこの地に在った大きな群落が津波で流されたことは前に記しました。我々が現在目にするのは干潟公園の整備に伴って植林されたものです。

釣り場の直近水温(10時前後)は27~28℃を前後しておりますが、降雨に伴って急激な下降と揺り戻しを示しています。梅雨明けが予想される来週以降は徐々に上昇ししばらく30℃前後の高め傾向が続くと予想しています。この釣り場の最高水温期は7月後半~8月半ばです。

7月初めに湾奥を中心にヘテロシグマ赤潮(県情報)が発生して一週間ほど続きました。しかし現在は目立った変色水は認められていません。このためもあってか、透明度は幾分乱高下し、海底の貝を掬うツメバイ漁にも影響があったようです。

7月前半のチヌ類の釣果は1.4尾(一人あたり)となりました。爆釣に近い日もあれば翌日は一転反応が消える、といった乱高下の様相を呈しておりましたが、最近は比較的堅調に推移しているように想われます。魚体サイズは引き続き25~35㎝前後の小・中型が主体となり、たまに40㎝越えの良型が混じってくるといった状況です。

小アジ(10㎝前後か)に復調の兆しがみられ、また数は少ないものの底近くで25㎝前後の良型が釣れるなど、ある程度満足できる数が揚がっています。また、小アジを追ってかセイゴ(スズキ若漁)、シオ(カンパチ若漁)、ヒラメなどの高次捕食魚も廻ってきているようです。

アイゴは少し前から小型サイズが顔を見せはじめ、幸いにもか不幸にもかアジ狙いの竿にもそこそこ喰いついております。もちろんアイゴ専門家にとって「釣りに来て良かった!!」と実感する日が増えているように見受けられます。

 霧に包まれた釣り場(極めて珍しい瞬間)

コロナ感染防止で自粛が叫ばれて一年半。何かと息苦しい世相にあって、内ノ浦干潟公園は小さな子供連れの家族が集い、また犬を散歩させている愛犬家も多く、息抜きの場所になっているようです。

少し前のニュースであったが、こうしたペットの輸血を支えている供血犬の存在が採りあげられていました。我が国には動物の献血システムが整っていないため輸血が必要な場合に備えて動物病院などでは密かに飼育している犬がいるとのこと。極めて劣悪な条件下に置かれていることは容易に想像がつく。迂闊にもそうした実態を知らなかった。一般人はもとより愛犬家にもあまり知られていない実態ではないか。一方でこうした犬の余生(や遺棄されたペット)を救おうと尽力している人々もいることも間違いない。

それで思い出したのはカズオ・イシグロの小説「私を離さないで」である。これは臓器提供のために誕み出された人造人間をテーマに紡いだ物語である。ドラマ化もされたようだ。つい先般、出版が伝えられたれた最新作も上記テーマの延長上であろう。時代を先取りした作家の視点には敬意を表する。と偉そうに述べたものの、私には内容が重すぎて読み続けられない。従って未読である。

一般社会から隠された、或いは表に出てこない外形化された陰の部分がそこに在る。周りには様々な思惑が交錯しており、まるで霧の中に浮かぶ景色の如くもやっとしていて、すっぱりと切り取れない。重い現実である。

鳥の巣釣り場通信(2021-11)

=謎のフォース= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 梅の収穫作業は最盛期を過ぎ、農家の多くは農地や身体のアフターケア―に入ったようです。半島周辺の田んぼはすっかり緑が濃くなり、穂花が咲き始めた株がでています。ひと月余りで収穫です。 釣り場の直近水温(10時前後)は25~26℃を前後しており、ほぼ例年並みといえます。透明度は降雨の影響で濁りが入りやや低め傾向を呈しています。...

鳥の巣釣り場通信(2021-10)

=ファイブ・スター級の貝の味とは!?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 潮下帯を覆っていた一年性の大型海藻は殆ど姿を消しました。陽射しを受けた湾内は深い緑色の水を湛え、プランクトンが繁茂していることを窺わせます。 釣り場の直近水温(10時前後)は23~24℃を前後しております。水温は陽射しの強さに伴って多少変動するとしても、梅雨の期間中は大きく高温側にジャンプすることはないと見ています。...

鳥の巣釣り場通信(2021-09)

=そんな風景もあった・・・=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

鳥の巣釣り場通信(2021-08)

=5月の雨は冷たいのに!=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 釣り場は新型感染症の拡大防止に配慮し連休期間中の営業を中止しておりました。間に合わなかった方も多かったと想いますが、時節柄ご理解いただければ幸いです。 感染症の蔓延を横目に鳥の巣半島周辺の田植えは例年より早めの作業終了となり、早苗もみるみる成長してきました。ビワやウメの収穫が始まっています。陽射しが乏しい中にあっても植物のエネルギー変換効率の良さには驚嘆すべきものがあります。...

鳥の巣釣り場、臨時休業のお知らせ(4/29~5/6)

いつも新庄漁業協同組合 鳥の巣釣り場をご利用いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナウィルスの感染拡大並びに緊急事態宣言の再発令の状況を鑑み、下記の期間を臨時休業とさせていただきます。 [臨時休業] 2021年4月月29日(木)~5月6日(木)...

鳥の巣釣り場通信(2021-07)

=走れ 銀輪隊 夢を乗せて=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島では田植えが始まっています。田んぼに放たれた早苗が晩春の肌寒い風に揺れ、田んぼを抱える背後の里山は急速な芽吹きで一回り大きくなった観があります。ゲロゲロ鳴き交わすカエルがエールをおくっているに違いない(おそらく運命共同体として)。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404