鳥の巣釣り場通信(2019-01)

=2019年初春の釣り場から=  みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。  鳥の巣半島のビワ畑では実の袋掛けが始まりました。年の瀬は正月に引っ張られ、年明け後は背中を押される如く、あっという間に時間が流れます。今年は元号替わりを近々に控えているためスピード感が倍増するようです。 2019新春の鳥の巣釣り場朝景...

鳥の巣釣り場通信(2018-18)

=カタクチイワシ漁を遠望して=    みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。   釣り場は11月中旬から始まったマガキの収穫作業で関連業務に因る慌ただしさくなっており、もうしばらく続きそうです。水温は11月半ばより20℃を下回り、直近は17℃前後で推移しています。今冬15℃以下に下がった日はこれまで皆無でした。...

鳥の巣釣り場通信(2018-17)

=海を漂うプラスティック・ゴミ=    みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。  ヘッドライトを頼りに釣り場へと急ぐ夜明け前の道、秋冷では言い足りない寒さを感じます。早朝の水仕事は二重重ねの手袋が要る季節になってきました。先週はまだ穏やかに晴れた昼間には気温も上がり、心地よい風を受けた筏の上でウトウト舟を漕がれたお客さんも見受けられました。それでも冬への間口部が徐々に大きくなっています。...

鳥の巣釣り場通信(2018-16)

=秋の夜長の如何ですか?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。   この季節、夕方6時ともなればすっかり夜の帳が下り、釣り場の開錠に合わせるように6時直前に空が白み始めます。朝夕はそろそろ暖房が欲しくなる冷たさであっても、穏やかに晴れた紀南地方は野外活動に程よい暖かさを保っています。  立て続けの台風襲来に”営業停止 →...