鳥の巣釣り場通信(2022-18)

=学びがある・・・?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 釣り場へ向かう早暁時は一枚羽織るものが欲しいくらいです。空が高くなり秋を実感させます。それでも日中の陽射しにはまだ侮れない夏の名残があります。 水温は台風14号が通過した直後に急下降して25℃を下回り、その直後に大きく反転する乱高下の様相を呈し、直近は27~28℃を前後しています。湾奥水は紀州グリーン、透明度は朝方に高く夕方に幾分下がるパターンになっています。...

鳥の巣釣り場通信(2022-17)

=クラゲワールドのその後=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 先の台風11、14号共に近隣地域での被害は比較的軽微であったとみられます。釣り場は筏の連結に幾らか不具合がでていますが、日本各地で道路、宅地や農地に大きな爪痕を残したことを想えば、幸いでした。台風一過、内之浦湾奥に避難していた漁船が目の前を次々と漁場へ戻っていきます。...

鳥の巣釣り場通信(2022-16)

  =さらば ミスター・サマータイム2022=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島の水田は収穫作業が終わりました。裁断された稲わらから放たれる特有の匂いも既に薄れつつあります。刈り取られた後の田んぼにノバトやスズメにカラス、トビまで集まっています。それぞれ嗜好は違っていても多様な食べ物が豊富にある証でしよう。...

鳥の巣釣り場通信(2022-15)

=釣り場周辺の夏模様=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島の田んぼで米の収穫作業が始まりました。「太陽が燃え盛る炎天下に作業をしなくても・・」とは思いつつも、土地なりの事情があったのでしよう。我が家も盆前から作業を始めました。伝統的(=旧式)農業のため手間が掛かります。...

鳥の巣釣り場通信(2022-14)

=温暖化防止はハードルが高い!?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 サルスベリの木が真っ赤な花を咲かせています。鳥の巣半島の田んぼは稲穂が垂れ、実入りが進んでいることを窺わせます。あちこちで雀除けの網や脅しが配置され、時に人の叫び声も聴こえてきます。ほどなく収穫作業が始まるはず。...

鳥の巣釣り場通信(2022-13)

=田辺湾の養殖イワガキの繁殖周期=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 田辺湾の奥、枝湾のあちこちで塩生植物“ハマボウ”が黄色い大振りの花を着けています。水田へと眼をやれば4月下旬に田植えを終えた稲の実入りが進んでいます。一年の半分が過ぎ季節の移り替わりの速さが実感されます。...