鳥の巣釣り場通信(2020-04)

=粒あん vs 漉しあん=

みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

鳥巣半島では春に向かって農作業のピッチが上がってきました。引き続き釣り場の水温は15℃を下回っていますが、そろそろ上昇に転じると見ています。2月のチヌ類は初旬に1尾(45㎝級)揚がって出足の好調を予感させたのですが、おっとどっこい、その後は姿を見せていません。アジは15~20㎝サイズの赤を主体に岸側でそこそこ~かなりの尾数が揚がっています。これを餌にスズキを4尾も釣り揚げた(幸運な)手練れもおられます。

Tさん渾身の一尾(出世魚スズキ:75㎝)

いささか旧い話になるが、先の年末、我が家も昔ながらの石臼に杵を使って餅つきをしました。この辺りではそうした習慣の家がまだ残っています。餅の種類も家ごとに個性があって、母親の実家の餡餅は柏餅のように二つ折りのものであった。我が家はすべて丸餅である。そしてあんこは断じて粒である。一般に、“粒”と“濾し”にはそれぞれ結構根強い嗜好があるように想う。私は子供時代の習慣から粒派であるが、漉しあんが食べられないということはない。ところが、粒あんは触感が嫌だと言って食べられない知人を数人知っている。

話は飛ぶが、英語で”Everything”や”Everybody”は単数扱いである。この語は彼らにとって「明瞭な境界幕に包まれた一塊で、内部の差異は無いものとして認識しうる」という合意(恐らく)があるのに対し、我々は粒あんの如く一つ一つの構成要素にも思いを馳せている(少なくとも私は)。 ”Good morning, everyone!”と挨拶する彼らの頭の中ほ、漉しあんの如き均質なものを包む一塊として捉えられているのに対し、我々が「皆さん、おはようございます!」と言うとき、頭の中には漠然とではあっても粒あんの如き個々の要素にも意識を払っているのである。

怪しい記憶であるが、西洋には粒あんに類する物は無いと聴いたことがある。粒あんは均質性に欠けて使い勝手も悪く落ち着きも悪いという気分であろうか? 幾何学模様を大事にする西洋のガーデンと我が方のアモルフォスな庭園の違いにも相通じるものがあるような気がします。ちまた「英語は日本語に比べて論理的である」といわれます。英語が日本語よりそうした特性を強く持っているとはいえ、結局のところ言い回し/表現の問題であろうに!?

鳥の巣釣り場通信(2020-03)

=里山は梅花 里海はヒロメ= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 一月下旬は冬らしくない前線通過に伴う雨が続きました。北の各地は雪不足が伝えられているように、全国的に暖冬傾向です。気候フェーズの変化を疑わせます。紀南地方の里山では梅が花を咲かせ始めました。上古、春の花と言えば桜より梅であったと聴きます。私は桃に軍配を上げたいところですが、桃の華やぎより清楚な梅や桜が日本人の感性に訴えるのかもしれません。...

釣果情報(1月25日)水温13,0℃

竹 村 様 B  ヒラメ 60cm2匹・30cm1匹・ハマチ50cm1匹 アジ15~18cm200匹 深 堀 様 1番 アジ15~20cm 400匹...

鳥の巣釣り場通信(2020-02)

=ウツボ献上= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 先般、田辺湾の北部にそびえる高尾山周辺で初雪が舞うのを望見しました。本格的な寒さの到来ですが、全般的には暖冬傾向と感じています。何しろ足の指にできる霜焼は例年に比べてずっと軽めですから。スキー場も雪が降らず困窮しているとニュースが伝えています。長期予報に拠れば今後も冬型が続かず、周期的に襲来する前線の影響で雨が多いとか。何事も平年並みが安心できる昨今です。...

鳥の巣釣り場通信(2020-01)

  =令和のスタートは良型チヌと共に= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 紀州路は路傍のあちこちで早咲きの水仙が北風に揺れており、品の良い寒ツバキや山茶花に鮮やかで派手なアロエの花が季節に彩を添えています。ここ鳥の巣半島の周辺地域は比較的穏やかな2020年の年頭を迎えています。 釣り場の水温は昨年末から16℃を前後しており、これまでのところ15℃以下を記録したのは一日だけでした。このため、昨年に比べると若干高め傾向にあります。...

鳥の巣釣り場通信(2019-22)

=Time goes by・・・令和の年の瀬=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

鳥の巣釣り場通信(2019-21)

=ままならぬとは言え 自然の恵み=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 紀南の里山は所々に赤や黄色の木々が彩を添え、初冬の様相を醸し出してきました。釣り場の水温は16~17℃で推移し、カキの身入りが進むとされる15℃に近づきつつあります。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404