鳥の巣釣り場通信(2021-18)

=海の男に栄光(&優しさ)”あれ!=

 

みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。

トビが青く抜けた高い空に弧を描き舞っています。地上に目をやればコスモス。盛りを過ぎたとはいえ朝日を受けて花弁が輝く様は神々しくさえあります。実りの秋ですが、どうも様子が違う今年の秋。柿が稔らず、金木犀は沈黙を守ったまま冬を迎えそうな気配がしています。

釣り場の直近水温は前期に引き続き26~27℃をベースに変動しております。通常この時期には25℃を下回ってくるため、今年は2℃前後高めで推移していることになります。海色は“鳥の巣グリーン(造語)”、桟橋近くでは海底まで見通せる日が増え、透明度が上がってきました。湾外水の差し込みが強まっているのかも知れません

10月前半のチヌ類の釣果は1.4尾(一人あたり)となり、ここ2,3年では幾分低めです。魚体サイズは20~25㎝前後の小・中型が主体ですが、何分にも数が揚がらない印象。しかし極稀には40㎝級も貌を見せているため、運が良ければ巡り合えそうです。

アジ類、特に小アジは極めて低調で、さらに20~30cmの良型は数匹といった状況。小サバは25㎝前後まで成長しているようですが、チヌ狙いには歓迎できない存在かも。

アイゴは当歳魚が主体ですが、釣果が日ごと或いは数日間隔で変動しています。シーズンもそろそろ終盤に差し掛かっているからかも。

穏やかな内ノ浦港内を往来するタチウオ漁の小舟

かつてソビエト連邦と呼ばれていた時期のこと、船でかの地を訪れると「“海の男に栄光あれ”(もちろんロシア語)と書かれた立て看板が丘の上に掲げられている」と敬愛する師匠が教えてくれた。極東のウラジオストックもしくはカムチャッカの港の話であろう。昔のことなので現在も同じ光景がみられるのかは識らない。

記憶の中のロシア語はネットの翻訳サービスで変換した文章とは微妙に違うのであるが、師匠はロシア語に堪能であったから、恐らく記憶または聞き取りの間違いだったのだろう。ともあれ、「海に生きる人間は敬意を払われている。こちら側はそれに値する意識を持て、そして態度で示せ」ということであった。

何を言おうとしているかといえば、内ノ浦湾奥にある港への出入に際し、高速で航走する遊漁船がかなりあることである。某弱無人に疾走するジェットスキーも大顰蹙であるが、船の走行波が筏に及ぼす影響は一般の想像より大きい。筏へのダメージはもちろん、釣り客の落水事故を引き起こしかねない危ない場面にも遭遇する。特に彼らの帰港時は注意が必要である。もちろん構内徐行の法令を遵守し海上施設に配慮したデッドスローで通過してくれる優良船もある。

こうした問題は法律の整備や罰則強化だけで解決できない現実がありそうだ。他方、近頃は小型船舶やボート免許の講習会・免許の更新時に一通りの操船技術や海事法令を教授するだけに留まり、船長としての心構えや倫理観にまで訴えかける熱血講義は行っていないはず。少なくとも私はそういう講習を受けたことがない。

遊漁船の係留契約の更新時には口頭で“港内減速徐行”の依頼を行っているとのことであるが、“この先急カーブ スピード落とせ”の注意書きと似たようなもので、船長には言葉の重大性が届かず、また言われた当人も自船の曳波が及ぼしている実態が掴めていない(言い換えれば想像すらしていない)のであろう。帰港船の船足は「ホームスピード」と云って上がるのは常であるが、曳波が小型船や海上施設に襲い来る様を動画で見せるなど視覚に訴えればマナーの向上に寄与するかもしれない。渡辺真知子によれば、「港を愛する男に限って、悪い男はいない」とのことだから・・・。

さて上段でロシア語の記憶違いの可能性に触れたが、幾つかの翻訳サービスで入力する語彙を変えながら探索したところ、「海に生きる人々に栄光あれ!」が最も原意に近いようだった。ジェンダーによる分け隔てがないのですね。そう言えばソ連船には女性が大勢乗っていると聴いていた。

鳥の巣釣り場通信(2021-17)

=四股名ときらきらネーム=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。...

鳥の巣釣り場通信(2021-16)

=夏を惜しむ→海は既に秋模様=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 紀南地方の稲の収穫作業は他地域に先駆けてほぼ終了です。刈り取り直後は規則正しく並んだ切り株が地面からちょこんと顔を覗かせ、稲わら特有の匂いが立ち上ってきます。この季節、畔回りには曼殊沙華が咲き、そしてミカン採りへと遷ってきました。陽射しの届く日中は厳しい夏が残っている。とはいっても、筏を吹き抜ける風は乾いた秋の気配を感じさせます。...

鳥の巣釣り場通信(2021-15)

=田舎は非常時に強い?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島ではコメの収穫作業がほぼ終了しました。お盆前からの長雨で中断した作業が月末の残暑戻りで一気に進んだ結果です。道路面に点々と残る大小の土の塊は闘いの痕を物語っています。...

鳥の巣釣り場通信(2021-14)

=2021年の夏は新常態なのか?=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 台風9号(ルピート)は鳥の巣半島にも風と雨の影響を幾らか残したものの、まずまず穏やかに通り過ぎた印象です。しかし、その後に居座った前線によって長雨が続き、また前線上で周期的に発生する低気圧と相俟って地域農業に深刻なダメージを及ぼしつつあります。洪水、土砂災害は日本各地で広範囲に発生しており、状況は予断を許しません。...

鳥の巣釣り場通信(2021-13)

=夏の釣り場にご用心!=   みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 鳥の巣半島の田んぼは黄金に色づき、収穫を終えた気の早い田もあります。早苗が放たれてから三月と半分ほど。あっという間でした。かつてこの地では10月頃に米を収穫していたそうですが、台風や秋の高潮を避けるために早生米に切り替えたと聴きました。また、9月中頃から始まるミカンの収穫時期と重ならない配慮が働いた可能性があります。...

鳥の巣釣り場通信(2021-12)

=霧の中の風景= みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 田辺湾奥ではハマボウの群落が花の盛りを迎えています。鮮やかな黄色をした大振りの花ですが、落花が近づくと僅かにピンク色を帯びてきます。かつてこの地に在った大きな群落が津波で流されたことは前に記しました。我々が現在目にするのは干潟公園の整備に伴って植林されたものです。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404