鳥の巣釣り場通信(2024‐02)

==梅香る季節へ==

 

みなさん、こんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご愛顧いただき誠に有難うございます。

先日の強い寒波の襲来で紀南地方も凍れました。それでも季節は動いており里の梅が咲き揃いつつあります。概して今年は暖かいというのが一般の受け留めのようです。地元の梅関係者が「梅の花が早い年は不作」と話しておりましたが、さてさてどういう結果になるか・・・。

釣り場の水温は先述の寒波の南下時に今冬最低の12℃まで下がったものの概ね15~16℃をベースに微変動を繰り返してきました。高め傾向の気温に反し、水温は昨年に比べてやや低めで推移しています。

透明度はプランクトンの大増殖に伴う赤潮のため月半ばの透明度が大幅に下がっていました。比較的長く続いた赤潮ですが、月の終わりが見え始めた月末になってやっと収束の気配がでてきました。昨年末に発生した赤潮と関連がありそうです。なお、当場で飼育販売している“マガキやヒオウギガイの毒化を誘発するプランクトン種ではない”という報告を受けております。透明度も現在はほぼ平常に戻り、冬らしい”やや良”という状態です。

1月のチヌ類は1,2匹(1人当たり:暫定値)となりました。サイズとしては引き続き小・中型が主体ですが、ここにきてやや大型化の傾向が窺えます。サイドメニューは引き続きチャリコやタカノハダイといったところです。

アジ類は湾内を回遊している青アジの群れがくれば一時的に釣果が見込める状況です。先日も何かに追われて浮上した群れを狙ってカモメが降下を繰り返す“喰う―喰われる”のドラマの現場を目撃しました。海の中でも同じような闘いが繰り広げられていたはずです。

 

 滅菌水槽で販売を待つマガキ

 

最強クラスの寒波の襲来で鳥の巣半島で小雪が舞いました。うっすらと一面に雪をまとった昨年ほどではないものの北国の風情を感じさせられました。そうした中、ウが筏周りで採餌の為潜水を繰り返していました。水の中は15℃近くあるとはいえ陸上は0℃近くです。水にぬれた身体を寒風が吹き抜けると体感温度は如何ほどになるのか・・・、観ているだけど怖気づきます。彼らの防寒対策はどうなっているのかしらん。

寒気の南下で日本海側や北海道でまとまった雪が降り、関が原周辺では大量の積雪によって交通渋滞が発生したことがニュースで伝えられました。近年よく聴く“日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)”の影響とされます。

若い頃に北国で生活した経験がありますが、(スキーをしない身にとって)雪はなかなか厄介な存在でした。雪道の運転はタイヤを滑らせないことが一番で、最も気を遣った点でした。その対策の一つがタイヤの接地面に金属のピンを打ち込んだ冬タイヤ(=スパイクタイヤ)と呼ばれるもので、とりわけアイスバーンで威力を発揮しました(今はもう製造されていないはず)。

一方、積雪の無い露出路面ではアスファルトを削るため環境汚染が問題となり今はご存知のスタッドレスタイヤに置き換わりました。ただ、雪道のグリップはスパイクタイヤには劣りました。私も早朝の交差点で停止できずに正面の雪壁に突っ込み肝を冷やした経験があります。

また、坂道発進の際に空回りでもさせようものなら悲劇の幕開けとなり、後ろから押してもらうという幸運に恵まれなければ平坦面まで戻ってやり直すしかありません。 こうしたことから峠越えや雪の深い地域を走る場合、特に大型車はチェーンを併用する場合が多かったと記憶します。坂道では前の車がスタックしても避わせるよう車間距離に注意を払ったものです。

紀南地方の海岸縁で雪が積もることはめったにありません。従って雪道を運転した経験をもつドライバーや冬タイヤ(及びチェーン)を装備している車は殆どないはず。にも拘わらず薄っすらと雪が積もった路上を車が走っているのを観るのはわりと普通で、私などは密かにドライバーの勇気(?)に驚愕している次第です。

こうした事情でも大事故に至らないのは降雪量が少なく、気温も高いため路面が圧雪やアイスバーン状態にまで至っておらず、轍を利用すれば何とか車を走らせることができる、という微妙な幸運がなせる技でしよう、恐らく。

北国から瀬戸内海沿岸の地方都市に居を移した際は雪道運転から解放された大きな安堵を覚えたものです。最もこの地でも年に1,2回は結構な積雪に見舞われたのですが、以前のことを想えば「懐かしい、俺に任せろ」ぐらいの感覚でありました。

とりとめのない話で収束しなくなっています。雪道は南国のドライバーが感じている以上に危険です。まだまだ名残雪も降ります。くれぐれも慎重な決断と振る舞いを願う次第です。

鳥の巣釣り場通信(2023-20)

=歌は世につれ・・・ 彼が残してくれたもの=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 日に干した布団がご馳走になる季節です。事務所から望む里山のあちこちが薄黄色に替わってきました。海に目を転じれば、シラスの船曳船団が田辺湾奥深く入り込む光景がしばしば観られます。 釣り場の水温は緩やかな下降傾向を示しており、直近は22~23℃台で推移しています。透明度は青みが入りいくらか~かなり高めに転じたように見受けられます。...

鳥の巣釣り場通信(2023-19)

=秋の扉がバーンと開いた・・・=     皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 釣り場事務所へ向かう早暁の冷え込みは晩秋並み。秋の扉が開いた途端、真っ盛りの秋に運ばれてしまった感があります。まるでモンゴルの季節の遷り変りをみるよう。M聖子の如く「・・・裸のままで飛び出す」なんて、とてもとても。あちこちで「衣替えの準備ができていない」という戸惑いの声が漏れていました。...

鳥の巣釣り場通信(2023-18)

=もう一つの秋のドラマ=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 彼岸花が盛期~やや盛りを過ぎた模様。釣り場の近所の田んぼの土手には赤と白株が半々ぐらいあります。既に述べたことですが、この植物は球根に毒成分を有することから動物の被害防止を目的に人為的に移植されたものだそうです。トンビが空高く舞い、田辺湾ではタチウオ漁も始まりました。陽射しは鋭くとも秋が到来しつつあるのを感じます。...

鳥の巣釣り場通信(2023-17)

=厳しく長~い夏、それでもお別れの兆し=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 昼間の陽射しは真夏並みに強いといっても朝夕はぐっと過ごしやすくなり、挨拶が「暑いですねえ」から「やっと涼しくなってきたねえ」に替わってきました。太陽の高度が下がってきたことは事務所に差し込む陽射しから観てとれます。...

鳥の巣釣り場通信(2023-16)

=“少年時代“ 鳥の巣バージョン=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 強い陽射しを受けているせいか里山は彩に欠け、夏枯れに近い状態。そうした中、夾竹桃が存在感を演出しています。この辺りではピンクの花が目につきますが、白や赤もあるようです。 海水温は梅雨明け後の7月18日に30℃超えを記録し、下旬の一時期大きく下降したものの、8月に入って再び大台に乗った後は30℃前後の高い水準で推移しています。現時点で30℃以上の日が23日ありました。...

鳥の巣釣り場通信(2023-15)

=牛の憂うつ 人間の憂うつ=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 台風7号は串本付近に上陸した後、和歌山県を縦断しました。いわゆる直撃というやつです。ところが近隣の地域ではテレビや新聞で採り上げられているような深刻な被害を受けることがなかったようです。2018年や2019年の台風で損壊した釣り場の養殖筏も今般はほぼ原形を保っています。実に幸いなことでした。 鳥の巣半島の水田は台風前に殆ど刈り取りを済ませ、地面が露出した田んぼから稲わら特有の匂いが立ち込めています。納豆菌が活動しているかも。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404