鳥の巣釣り場通信(2024‐04)

==もう一つの季節のドラマ(庶民編)==

 

みなさんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご愛顧いただき誠に有難うございます。

ここ1,2週間で下草が一気に伸びていました。長雨に見舞われた夜半、季節を誤ったのかとも想えるカエルの合唱が聴こえました。他方、年明けから盛んになるはずの猫の恋歌を耳にしません。繁殖行動が去勢手術などのせいで抑えられているのでしようか? 自然界の常ならぬ異変を目の当たりにし、田植え用の苗作りを早める必要があるのかどうか思案しています。

今の時期、天気の良い日の海上には”ヒロメ“漁の小舟が浮かびます。先般、今年の初物を戴きました。柔らかく甘みのある味は絶品と云えます。つい先日、NHKの地域番組で季節の風物詩として田辺湾のヒロメにまつわるトピックが採り挙げられました。「新庄漁協の関係者がメインを張っていたのではないかい?」。「そうです、気づかれた方もおられたはず」。

釣り場の水温は15℃を超え、日変動が大きくなってきており、直近はほぼ16℃をベースに変動しています。海の色は緑が勝ってきた印象を受け、透明度はこの時期らしい”やや良から時に下がり気味”といった状況です。

2月はのチヌ類は荒れ気味の天気のせいもあって1.2匹(1人当たり)となりました。体長25~30㎝の小・中型が主体ですが、好調なら2桁の尾数に達する日もあるほか、40㎝前後の良型も上がり始めております。ここ2,3年同様シーズンが始まりそうな兆しが窺えます。

アジ類は青アジ主体に“赤”混じりという構成は変わらずですが、最近は赤の数も増えてきている模様です。棚の探りようで釣果が大きく変わるという話です。

 

 収穫したヒロメの掃除作業

 

つい先日税金の確定申告に行ったところ、母親の年金支給額が控除となる上限を4,000円ばかり超えている、という理由で控除扱いから外された。のみならず数日分の日当相当額が追徴になってしまいました(ガ~ン!)。

「今日申告に来ないでやり過ごした方が良かったのですかねえ~?」とボヤいたら、

「いえっ!(と力強く)、細かくウオッチされているから何れズバッと・・。扶養控除額は結構大きいのですけど、これは決まり事なので如何とも・・」、と担当者は気の毒がりつつ(多分)もサクサクと払込票を用意してくれました。

この顛末を聴かされた我が家の年寄りは“プチ荒れ”となったのですが、その背景には国会の先生方を巡る例の一件があったのは間違いありません。

ここは一つ気持ちを切り換え、「長寿で年金を戴けることを喜ぶと共に、健康で働けて国民の義務を果たせるなら感謝意外の何物でもない!」と正しそうな倫理観を絞り出しつつ早々に金融機関に赴いた次第です。

庶民の葛藤の向こう側で高い見識と倫理観で国民を領導すべき先生方が密かに数百万~数千万円も貯め込み、ばれても気配を消し、ひたすらほとぼりが冷めるのを待っている様子を天下に晒してしまいました。ぐずぐずして煮え切らないのは余程表に出したくないことがあるから・・・というのは素直な感想です。

もちろん世の中には何でもオープンにすることが正しいわけでなく、開示しない方が好い場合があるのは確かです。でも隠されると知りたくなるのが人情。中島みゆきに擬えるなら、「“ウ”よ“アオサギ”よ! 教えて欲しい、水面下のドラマを観ていたなら・・」。

AIバードリンガルの開発が待たれますね。

鳥の巣釣り場通信(2023-17)

=厳しく長~い夏、それでもお別れの兆し=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 昼間の陽射しは真夏並みに強いといっても朝夕はぐっと過ごしやすくなり、挨拶が「暑いですねえ」から「やっと涼しくなってきたねえ」に替わってきました。太陽の高度が下がってきたことは事務所に差し込む陽射しから観てとれます。...

鳥の巣釣り場通信(2023-16)

=“少年時代“ 鳥の巣バージョン=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 強い陽射しを受けているせいか里山は彩に欠け、夏枯れに近い状態。そうした中、夾竹桃が存在感を演出しています。この辺りではピンクの花が目につきますが、白や赤もあるようです。 海水温は梅雨明け後の7月18日に30℃超えを記録し、下旬の一時期大きく下降したものの、8月に入って再び大台に乗った後は30℃前後の高い水準で推移しています。現時点で30℃以上の日が23日ありました。...

鳥の巣釣り場通信(2023-15)

=牛の憂うつ 人間の憂うつ=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 台風7号は串本付近に上陸した後、和歌山県を縦断しました。いわゆる直撃というやつです。ところが近隣の地域ではテレビや新聞で採り上げられているような深刻な被害を受けることがなかったようです。2018年や2019年の台風で損壊した釣り場の養殖筏も今般はほぼ原形を保っています。実に幸いなことでした。 鳥の巣半島の水田は台風前に殆ど刈り取りを済ませ、地面が露出した田んぼから稲わら特有の匂いが立ち込めています。納豆菌が活動しているかも。...

鳥の巣釣り場通信(2023-14)

=熱暴走 “瀬戸の花嫁”考=    皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 梅雨明けが宣言されて以降、陽射しが強まり、厳しい暑さが続いています。鳥の巣半島は梅雨期間も少雨傾向で経過しました。夏前の長期予報では「エル・ニーニョの影響を受けて長雨、低温傾向が懸念される」でなかったかしら・・。 海水温は梅雨明け後に30℃を超える日が数日続き、その後に大きく下降し、戻りつつある直近は29℃前後で推移しています。海の色は少し青みがかった紀州グリーンで、透明度も上がってきました。...

鳥の巣釣り場通信(2023-13)

=夏をご安全に=   皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 梅雨明けが視野に入ってきました。梅雨前線が大暴れしないと季節が遷り替らないパターンが常態化してきました。被災地の住民からは「こんな雨と水嵩は初めて」と云う声ばかりです。...

鳥の巣釣り場通信(2023-12)

=ただ今成長中=    皆さんこんにちは。平素は鳥の巣釣り場をご利用いただき有難うございます。 梅雨前線が上下動を繰り返し、動きに応じて降雨帯が動きます。昨今は深刻な被害を及ぼさないと梅雨明けを迎えられないパターンが定着しているため、大きな雨は何かと心配が募ります。しかし台風2号以降まとまった雨が無かった当地では水田に潤いが戻り、今のところ慈雨となっています。...

ご予約・お問合せ

釣り場・養殖貝
田辺市新庄町3883番地
新庄漁業協同組合
釣り場 養殖場
TEL:0739-24-2761

白浜・田辺湾クルーズ
田辺市新庄町2827-3
新庄漁業協同組合
TEL:0739-22-2057
FAX:0739-22-0404